イボの種類って何種類あるの?

こんにちわ!オカメです。

顔やデコルテ・体などにできる「イボ」

色々な所にできますが、このイボにも種類があるのを知っていますか?

今日はイボの種類を紹介したいと思います

ウイルス性のイボの種類

尋常性疣贅

イボの多くがこの尋常性疣贅を占めていると言われています。表面はザラザラとしていて硬くなります。子供から大人までできる可能性があり、爪付近のささくれなどから菌が入りやすく、できやすい好部位といわれています。

足底疣贅

尋常性友禅が足裏にできたものをこう呼びます。足の裏は体の体重を支え圧迫しているので、突起する事はほとんどありません。ウオノメとの違いは、ウオノメは芯があるのに対し、足底疣贅は芯が無い為、表面を削ると血が出ることが多いです。

青年性扁平疣贅

若い女性にできやすいイボです。顔や腕・指などにできることが多く。肌色もしくは、シミみたいに薄茶色に見えることもあります。引っ掻くことで引っ搔き傷みたいに広がることもあります。

尖圭コンジローマ

人の性器又は肛門辺り・口腔内にできるイボです。主に性交渉や類似行為などで感染する事から性病の1つとして考えられています。

水いぼ(伝染性軟属腫)

正式には疣贅ではなく、伝染性軟属腫と呼ばれています。プールや集団生活で感染を広げることから子供によく見られます。やわらかく、つるつると光沢があります。

その他

老人性疣贅

皮膚の老化でおこるイボです。黒褐色の盛り上がった形をしています。長年紫外線にさらされた額や腕といった場所にできやすいです。黒褐色のイボは稀に皮膚がんの可能性もありますので気になるようでしたら、医療機関に相談されてみてください。

 

一言にイボと言ってもできる原因や種類は違います。ご自分で勝手に判断されるのではなく、一度専門家の医師に診てもらった方がいいように思いますよ。

美肌を目指す為にしていること

今日は私が普段している美肌目指す生活を紹介しようと思います。

美肌を目指している女性諸君!私と一緒に美肌生活をしてみませんか?

1に保湿2に保湿

私が普段から気を付けていることは保湿です。乾燥が酷くなる冬場だけじゃなく、1年を通して保湿には気を遣っています。冬場の乾燥はもちろんですが、夏場エアコンが効いた部屋はかなり乾燥しています。肌が乾燥をすると肌バリア機能が弱くなってニキビや肌荒れといった肌トラブルも招きかねません。保湿をすることで肌に潤いバリアで肌を守ることができます。

1日の疲れは洗顔で落としてしまう

こちらも特に気を遣っていることですね。メイクはどうしても肌に負担をかけてしまいます。1日の終わりにしっかりとクレンジングすることで肌に休息を与える必要があります。メイク汚れが残っていると、どんなに高い基礎化粧品を使っても効果が半減してしまいます。残さずしっかりとクレンジングすることで、その後の化粧水の浸透率も変わってきますよ。

しっかりと寝る

寝不足はお肌の大敵です!質の良い睡眠を取ることで肌と体・心にまで回復することです。ストレスもお肌にとって良くない事なので、睡眠で発散させています。質の良い睡眠は次の日も目覚めが良く、スッキリとした活力に繋がります。お肌の生まれ変わりは睡眠中に起こるとされていますので、しっかりと休むこともとても大切です。

野菜を食べる

便秘は肌荒れの原因です。食物繊維を多く含む野菜をしっかりと食べることによって体の中からキレイを目指しています。また、野菜にはビタミンの宝庫です。加熱処理してしまうと熱に弱いビタミンは壊れてしまいます。できれば生で食べる事のできるサラダやスムージーといった料理方法で摂り込めたら理想的ですね。

発酵食品を積極的に食べる

発酵食品は食物繊維他、様々な栄養に優れています。抗酸化作用が強いので、1日1品でも食事に加えることで肌にも体にもいいのです。発酵食品の代表的な食べ物は「納豆・キムチ・ぬか漬け・ピクルス」ですかね。

美肌作りに関して気を付けている事

やっぱり生活習慣の乱れですね。暴飲暴食もそうですし、睡眠不足も気を付けています。仕事柄、デスクワークで身体を動かすことが少ないのは気にしています。できれば仕事の合間に軽く散歩などできたらいいのですが(笑)運動不足にならないように適度な運動を取り入れていきたいですね。

他にこんな美容法あるよって方はコメント欄から教えてください。

【実録】私が体験したイボの話

今日は私が体験したイボの話をしようと思います。

イボさん初めまして!

私が初めてイボができたのは小学校の6年生です。ちょうど運動会の組体操の練習をしている時期だったので、よく覚えています。

その時イボができて場所が右ひじで1cmぐらいと少し大きかったので、半そでを着ると目立ってしまい当時とても恥ずかしかった記憶があります。

自宅に帰り、祖母に相談するとすぐに薬を塗ってもらいました。「イボコロリ」って薬です。知っている方いるかな?臭いは少しキツめで深緑色をした液体でした。薬をイボに乗せる様に塗って乾燥させます。イボコロリを塗った場所がかなり目立ってしまうので、普段は絆創膏で隠してましたね。水に濡れる事もできないので入浴の際はサランラップで保護して入っていました。

1週間ぐらいだったかな?イボの表面がカチカチになって端の方から、かさぶたの様にペロッと剥けてきた!あまり引っ張るとまだまだ痛いので放置。さらに2~3日後には絆創膏を貼り換える際に取れました。

1度ではイボが綺麗に取れなかったので、また繰り返し「イボコロリ」を塗って自宅治療しました。期間は1ヶ月ぐらい、完治まで3回ぐらいしたかな?

大人になって思いましたが、子供にもイボができるんですね。

30代】目元の白いポツポツ

それからイボとは疎遠になっていたのですが、再びイボに再開したのは30代入ってからです。

次に現れた場所はよりにもよって目頭。ここは本当によく目立ち、自分が見ても他人が見ても目やにが付いている様にしか見えませんでした。

場所が場所だけにどこのどの科の病院に行ったらいいのかわかりません。

皮膚科?眼科?

皮膚科は近所にはなく、眼科に行ってみることに。場所が目の付近だという事で処置してもらえるみたいでした。

麻酔用の目薬をしてもらい、注射針でプスリ!麻酔のお陰かあまり痛みはありませんでしたが、ピンセットで中身を絞る時には激痛でしたよ。少し出血もあったのですが、処置自体はすぐに終わりました。

会計時に抗生物質の薬と目薬をもらい帰りました。費用は保険適応だったので数百円だったと記憶しています。

再発するイボ達

目元のイボは再発を繰り返し何度も治療しています。まつ毛の中とかありえない所にできるので本当に厄介です。白く浮き出る様なイボなのでメイクでも隠し切れず目立ってしまいます。その度に治療ですね。

肘のイボですが大人になって1度だけ再発しました。その時は皮膚科で治療しましたが、その時のお医者さん曰く、皮膚科に来られる患者の3分の2はイボ治療に来ているそうです。それだけイボに悩んでいる&イボ患者が多いという事ですね。

後、余談ですが皮膚科に行く際は必ず靴下を履いていった方がいいですよ。皮膚科の患者さんはイボだけじゃなく、水虫の患者さんもおられます。二次感染を起こす前に自分の体は自分で守ってくださいね。

紫外線は老人性イボの大敵です!

こんにちわ!

このサイトを運営しているオカメです。

今日は紫外線老人性イボができるってホント?!について勉強していきたいと思います。

紫外線がお肌にあまり良くないって事は誰しも知っていますよね?

シミやクスミができたり、最悪のケース皮膚がんになってしまたり・・・。

日焼けをしたくないって方は特に気を付けているんじゃないかな?

私も紫外線が肌に与える影響は上記ぐらいしか知りませんでした。

が!老人性イボの発生にも紫外線が影響しているなんて。目玉が飛び出ますよね。

今回は紫外線と老人性イボの関係性について書いていきたいと思います。

老人性イボとは?

老人性イボは別名「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」ともいい、良性の皮膚疾患の1つです。名前のとおり、歳を重ねるとできてくるみたいなのですが、若い方にもできる人がいるみたい。見た目は様々で肌色~濃い茶色で大きさも2mm~1cmを超えるものまで。一見ホクロ?と思っていたらイボだったということもあります。

どうしてできるの?老人性イボ

老人性イボのできる原因の1つに加齢がありますが、それ以上に紫外線に大きく影響されているみたいです。紫外線で肌にダメージを受け続けると肌の再生力が間に合わずイボができてしまいます。摩擦などの刺激も老人性イボ発生の原因といわれていますが、紫外線を受けた肌は傷つきやすく摩擦などでさらに悪化してしまうのかもりれませんね。

特に日に当たりやすい額や手の甲といった場所にできやすいみたいです。

間違いやすい皮膚がん

老人性イボと皮膚がんの初期症状はとても似ているらしく、どうせイボだろうとほおっておくと、気付いた時にはガンが進行していたってこともあるようです。突然できたイボに違和感があったら、医療機関に相談した方がいいかもしれません。

老人性イボを予防しよう!

自分でできる1番の予防方法は、UVケアをしっかりとすることです。出かける前にはUVクリーム塗る・日傘をさす・帽子をかぶる等、ちょっとの工夫で老人性イボの予防ができますね。

皆さんは紫外線ケアは暑い夏だけと勘違いされている方も多くいますが、紫外線は春先からだんだん増え始め、ピークは8月です。しっかりとケアしたいなら春先からケアする事をお勧めします。

また、雪の降る地域にお住いの方は、紫外線が積もった雪に反射して通常の2倍程度浴びてしまう恐れがありますので、寒いからって油断は禁物です。

わらびはだの実際の口コミって?

皮膚科医師12年の現役医師も感動した首イボ・デコルテケア商品わらびはだ

首イボ・デコルテのザラザラ・目元の白いポツポツ・・・どうしたらいいの?と悩んでいる方におすすめの商品です。

でも本当に効果があるのか?

購入前に知っておきたい方に実際に使用した方の口コミを紹介したいと思います。

買わなきゃよかった!悪い口コミ

目元の小さなポツポツに良いと聞き購入しました。1ヶ月ぐらい塗り続けましたが、より鮮明にポツポツが浮き出たように感じます。元々薄かったイボがクッキリ見えるようになってから憂鬱です。このまま続けて、もっと大きくなったら怖いので続けられませんでした。イボが育つ成分でも入っていたのでしょうか?


30代になり、首にイボができ始めました。最初は1つだったのですが、だんだん増え始めて焦って購入。1週間ぐらい塗っていますが全然効果がありません。むしろ塗り心地が悪くベタベタして気持ち悪いです。落とすといつもよりか、しっとりしているのですが塗っている間は結構キツイ。値段が高くても、仕事が忙しく自宅でできるのならと思っていたのですが、これなら時間を作ってでも病院に行った方がマシですね。


化粧するとヨレる!塗りこもうとするとポロポロとしたカスが出てきます。怒りにまかせてメーカーに問い合わせしたら、塗りこむとか擦るとかしないで肌にのせる感じでと言われました。メイクがほんとしずらい!

買ってよかった!良い口コミ

わらびはだは顔のポツポツケアとして購入しました。まだ使い続けて1ヶ月ぐらいしかたっていませんが、シミやそばかすが薄くなってきたように感じます。肝心のイボに関しては、まだまだかな?なんか取れそうなんだけど取れない感じ。このまま続けていくと取れそうなので頑張ってケアしていこうと思います。思わぬところで効果を実感できたので、期待を込めて高評価です。


首のザラザラが気になって買ってみました。オールインワンなので日々のケアはとても楽ちんです。使用から2ヶ月ぐらい経ちますが首のザラザラが気にならなくなってきました。1度に2個届くのでコスパはとてもいいです。これからもリピート予定です。


前々から広告で知っていたので気になってはいたのですが、顔にできた稗粒腫に万策尽きて思い切って購入してみました。最初1ヶ月ぐらいからポツポツが浮き出てきて、いつの間にかポロリと落ちていました。気付いた時には思わず鏡の前でガッツポーズしてましたね(笑)。こんなに効果が実感できた商品は初めてです。同年代のママ友にも勧めたいですよ。

効果が表れなかった人の特徴とは

悪い口コミを見ていて1つ気になったのが、使用期間が短すぎることです。

肌にはターンオーバーというものがあります。年齢によって人それぞれですが、そんなに早く効果を実感できる人は、ごく稀です。
イボがクッキリしてきたという事は、肌細胞が生まれてきてイボが下から出てきたからじゃないでしょうか?
そのまま継続して使用をするとポロリとなりそうなんですがね。

後、カスが出るという口コミに関しては使用方法に問題がありますね。
製造販売元が推薦する使用方法の通りに使っていたらカスは出ないんじゃないかな?
正しく使うことで効果が実感できると私は思うのですが、みなさんはいかが思いますか?